串間市バレーボール協会の鈴木友重会長が4月20日、宮崎県バレーボール協会スポーツ功労賞の表彰をされました!
鈴木会長は41年の長きにわたり、宮崎県バレーボール協会および串間市バレーボール協会を歴任、バレーボールの普及発展に多大なる貢献をされました。
なかでも、串間市バレーボール協会審判長であった14年間および理事長の要職であった13年間は、審判員の資質向上はもとより、底辺拡大や競技力向上、さらには、協会幹部の後継者育成など、その手腕を見事に発揮されています。
また平成30年度からは新たな取り組みとして独自のホームページを立ち上げ、情報発信のツールとして多方面から高い評価を得ています。
少子高齢化や人口減少が課題の本市にとって、串間市バレーボール協会がスポーツを通じた地域活性化と人材育成に大きく寄与しています。

経歴

昭和52年 MVA公認審判員認定
昭和59年 JVA B級審判員取得
昭和60~平成10 串間市バレーボール協会審判長
平成11~23年 串間市バレーボール協会理事長
串間市バレーボール協会常任理事
平成24~27年 串間市バレーボール協会副会長
平成28~現在 串間市バレーボール協会会長